お知らせ (学協会連絡会)

「大震災の経験を国際的にどう活かすか」 
30学会共同声明(英文)の発表および、30学会の取組み紹介(英文、和文)

共同声明(英文)「Joint Statement of 30 Disaster-Related Academic Societies of Japan Global sharing of the findings from the Past Great Earthquake Disasters in Japan」を発表しました。(平成26年11月29日)

30学会の取り組み紹介(英文、和文) 「Global sharing of the findings from the Past Great Earthquake Disasters in Japan-大震災等の経験を国際的にどう活かすか」 

日本学術会議 学術フォーラム(30学会からの発信 )
「東日本大震災・阪神淡路大震災等の経験を国際的にどう活かすか」(終了)

趣旨:国連防災世界会議(2015 年3 月仙台市)、世界工学会議(2015 年11 月京都市)に先立ち、わが国の防災・減災に関連する諸学会、および社会経済や医学等の幅広い分野の学者が集まり、東日本大震災・阪神淡路大震災をはじめとするこれまでの自然災害から得られた知見を、世界の防災・減災にどう活かしていくべきかを、分野の壁を越えて議論する。
日時:平成26年11 月29 日(土)10:00~17:30
会 場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7丁目22番地34号)
  →詳細ページヘ

日本学術会議主催シンポジウム「南海トラフ地震に学界はいかに向き合うか」(終了)

日本学術会議主催 シンポジウム「南海トラフ地震に学界はいかに向き合うか」
日時:
平成25年12月2日(月)午後1時から午後5時30分 入場無料(資料代1.000円)
会場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木 7丁目22番地34号)

東日本大震災は、大規模災害への対策や対応には、多様な研究分野の連携と融合が不可欠なことを明らかにしたが、さらに大規模な被害想定が政府中央防災会議によって発表された。南海トラフ巨大地震による大震災である。この想定結果を踏まえて、、、
 →詳細ページヘ

30学会 共同声明の発表

共同声明「国土・防災・減災政策の見直しに向けて」を発表致しました。
前田国交大臣、中川防災担当大臣、奥村文科副大臣に手交しました。
日 時:平成24年5月10日(木)午後1時〜
記者会見プレスリリースおよび会見風景 

 

お問合せ窓口

小野口弘美(東京工業大学)onoguchi.h.aa@m.titech.ac.jp