お知らせ (学協会連絡会)

日本学術会議主催シンポジウム「南海トラフ地震に学界はいかに向き合うか」

日本学術会議主催 シンポジウム「南海トラフ地震に学界はいかに向き合うか」
日時:
平成25年12月2日(月)午後1時から午後5時30分 入場無料(資料代1.000円)
会場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木 7丁目22番地34号)

東日本大震災は、大規模災害への対策や対応には、多様な研究分野の連携と融合が不可欠なことを明らかにしたが、さらに大規模な被害想定が政府中央防災会議によって発表された。南海トラフ巨大地震による大震災である。この想定結果を踏まえて、、、
 →詳細ページヘ

ご案内PDFはこちら
配布用冊子 はこちら(19MB)
当日の議事録はこちら 
Ustreamより配信をしました。当日の録画がご覧いただけます。
 http://www.ustream.tv/channel/sympo25-12
当日の風景(撮影協力:日本コンクリート工学会、農業農村工学会、地理情報システム学会) 
 開始〜挨拶〜趣旨説明〜紹介〜内閣府防災担当より説明
 テーマ1 発表討論風景
 テーマ2 発表討論風景
 テーマ3 発表討論風景
 全体討論〜閉会

30学会 共同声明の発表

共同声明「国土・防災・減災政策の見直しに向けて」を発表致しました。
前田国交大臣、中川防災担当大臣、奥村文科副大臣に手交しました。
日 時:平成24年5月10日(木)午後1時〜
記者会見プレスリリースおよび会見風景 

お問合せ窓口

小野口弘美(東京工業大学)onoguchi@serc.titech.ac.jp